新着情報

DATE/2004.11.19
■見学会開催のご案内です。
2004.11.28(日)


OPEN HOUSE House Gallery

OPEN HOUSE

↑クリックすると拡大表示します

「大正ロマン+洋館の薫り」

家を考えるとき一番に要望として出されるのは”明るい家”です。しかしお施主様がイメージされていたものは”光と影”や”暗さを楽しむ”昔懐かしい雰囲気のある家でした。敷地条件的にも南側は高台になった高校のグランドがあり見下ろされている状況です。それをクリアするためにあえてベランダを大きく確保して視線を避け、そこでできる”心地よい暗さ”を活かすことを考えました。そこでぴったりとくるのは”明治・大正時代の建物”です。はじめてお会いしたときから意気投合したのは”明治・大正時代の建物って素敵ですよね!!”ということでした。
それからお施主様の好みと立地条件がとてもぴったりとあっているコンセプトの家づくりがはじまりました。打ち合わせでいろいろ行ったお店の雰囲気やお施主様のセンスで選ばれたアンティークの照明器具を取り入れそこに大工さんのセンスある仕事が加わり素敵な家ができつつあります。
特筆すべきは 玄関での左官さんの仕事。
クラッシックホテルなどに作られている”漆喰鏝仕上げの廻縁”や”照明器具のための中心飾り”など江戸時代から左官一筋の家系である左官さんが最近ではめったに見られない技を披露してくれています。職人さんたちがこんな技を披露してくれたのも、実はお施主様は休日を全て返上して家全体を塗装してくれたという
努力とその人柄をみんなが知っているからです。そんなみんなの思いが積もった”暗さを楽しむ家” ”大正ロマンと洋館の薫り”をぜひ味わいにきてください。
地図
↑拡大地図はこちらをクリック
※不明な点は右記までご連絡下さい。 携帯電話090-4256-7230
Back Number